深澤直人 × マルニ木工 × ACTUS

新たに、アクタスオリジナルシリーズとして登場した「AOYAMA」。
これまで数々の優れたプロダクトを手掛けてきた深澤直人氏と、一世紀近くにわたり木工家具を作り続けてきたマルニ木工、そしてACTUSが共同で開発。名前の由来は、ACTUS創業の地である『青山』にちなんで付けられました。

── 見たことがありそうでない、ふつうでいてふと目が留まり、座り心地を確かめ、触って買いたくなるような。『こんな椅子がほしかったんだ』というような椅子がデザインしたかった。

との深澤氏の言葉通り、誰もが思い描く椅子の定番を目指して木工技術の粋を集めて作られた椅子「AOYAMA」はどこかで見たような思いにかられるふつうを極めた良さを備えています。
部位ごとに選ばれた木目や座面や背もたれの傾きの角度、レッグの太さなど、普遍的でシンプルで安心するようなデザインの中には細部へのこだわりが詰まっています。また一つ、価値のあるものとの出会いを、アクタスからお届けします。

佐藤 泰地 氏
AOYAMA

Interview 2

Interview 2 オーディオマニアの聖地 DYNAMICAUDIO 佐藤 泰地 × AOYAMA

Special Contents
河合 祥太 氏
AOYAMA

Interview

Interview ジビエ料理 SOHOLM 河合 祥太 × AOYAMA

Special Contents

designer深澤 直人NAOTO FUKASAWA

AOYAMA DESIGN CONCEPT

座り心地がよく、軽い木製の椅子がダイニングの椅子としても、椅子単体としても欲しい一品である事は感じていた。見たことがありそうでない、ふつうでいてふと目が留まり、座り心地を確かめ、触って買いたくなるような。

「こんな椅子がほしかったんだ」というような椅子がデザインしたかった。個性的すぎない椅子という意味だと思う。アームチェアはアーム部分が個性的ではあるがふつうさを失っていない。

AOYAMAという名前は、アクタスが青山で創業したことと、青山という街の名の響きがデザインとつながりが深いという印象を誰もが持つことを思い命名した。軽くて使いやすい椅子を長く愛してほしい。

PROFILE

プロダクトデザイナー
2003年 NAOTO FUKASAWA DESIGN 設立。

卓越した造形美とシンプルに徹したデザインで、イタリア、フランス、ドイツ、スイス、北欧、アジアなど世界を代表するブランドのデザインや、日本国内の企業のデザインやコンサルティングを多数手がける。電子精密機器から家具・インテリアに至るまで手がけるデザインの領域は幅広く多岐に渡る。

「行為に相即するデザイン」「意識の中心」「ふつう」「輪郭」「典型」など、自らのデザイン哲学をこれらの言葉で表わすとともにデザインの具体を通してその実践を続ける。

デザインのみならず、デザインを通して対象の本質にせまる力、その思想や表現などには国や領域を超えて高い評価を得ている。

人間の意識していないときの行動の中にデザインのきっかけがあることを見出し、それを「Without Thought (思わず)」と名付けた。1999年からはその名を使ったデザインワークショップを毎年開催し、書籍とともに発表を続けている。

米国 IDEA 金賞、ドイツ iF design award 金賞、日本グッドデザイン賞 金賞、英国 D&AD 金賞、ドイツ red dot design award、毎日デザイン賞、織部賞など受賞歴多数。「MUJI」壁掛け式CDプレーヤー、「±0」加湿器、「au/KDDI」INFOBAR、neonはN.Y. MoMA収蔵品となる。2007年ロイヤルデザイナー・フォー・インダストリー(英国王室芸術協会)の称号を授与される。フランス国立セーブル製陶所招待作家。

21_21 Design Sightディレクター。良品計画デザインアドバイザリーボード。マルニ木工アートディレクター。2010年〜2014年グッドデザイン賞審査委員長。2012年Braun Prize審査委員。多摩美術大学統合デザイン学科教授。2006年 Jasper Morrisonと共に「Super Normal」設立。2012年7月より日本民藝館五代目館長。

著書には「デザインの輪郭」(TOTO出版)、共著書「デザインの生態学—新しいデザインの教科書」(東京書籍)、共著書「デザインの原形」(六耀社)、作品集「NAOTO FUKASAWA」(Phaidon)がある。2008年には「THE OUTLINE 見えていない輪郭」写真家 藤井 保氏との展覧会を開催、同タイトル書籍を出版(アシェット婦人画報社)。

AOYAMA 上質の秘密各工程のムービーをご覧ください。※音声はございません。

スペック(PDF)

スペック・品質保証・椅子の生地の詳細はこちらから直接ダウンロードいただけます。

PDF DOWNLOAD

3Dデータのご依頼

設置した際のイメージが分かりやすいよう平面図などの詳細な情報を載せたデータをご用意いたしました。
フォームにご入力いただきましたメールアドレス宛にデータをご送付いたします。
※内容を確認の上、後日担当者よりお送りいたします。

3D データ依頼

フォームをご入力ください。(ポップアップが開きます)

お問い合わせ・お見積もり
京都学園大学 太秦キャンパス Image
納品内容:AOYAMA ARM CHAIR ビーチ材 板座 / AOYAMA CHAIR ビーチ材 板座

納入実績KYOTO GAUEN UNIVERCITY
京都学園大学 太秦キャンパス

新しく開校するキャンパスの学生食堂「THE COMMONS G」で、AOYAMAチェアを採用いただきました。学生たちの創造力を刺激し、食事だけではなく友達とのおしゃべりやサークル活動、不定期に開催されるイベントなどにも幅広く活用いただけるカフェのようなスペースとしてインテリアのご提案をしました。学生たちだけではなく、近隣の方なども自由に利用ができる食堂は、エリアごとにデザインやカラーを変え、楽しみながらその日の席を選ぶことができるようになっています。軽量でありながら、座り心地と耐久性に優れたAOYAMAチェアは、どんなインテリアスタイルにもコーディネートがしやすく、どなたにとっても安心してお使いいただけるチェアです。