Tokyo National Museum 1/4

東京国立博物館 黒田記念館 1/4

インテリアは主役? 脇役?

1872年に創設された日本最古の博物館、東京国立博物館。通称「トーハク」として親しまれる同館では、複数の展示室でアクタスが提案したインテリアが採用されています。あくまでも展示作品が主役の博物館で、なぜインテリアにこだわる必要があるのでしょうか。2014年12月に完了した黒田記念館のリニューアルプロジェクトの舞台裏をメインに、東京国立博物館 学芸企画部企画課 デザイン室長の木下様とアクタス営業担当の宮本にお話を伺いました。

― 木下さんは「展示デザイナー」としてご活躍されていますが、具体的にはどういったお仕事をされているのでしょうか。

木下
展示室の作品の配置や照明、展示ケースのデザインをはじめ、展示にまつわるプロデュース全般ですね。2009年までは主に特別展のデザインを手がけていたのですが、それ以降はずっと総合文化展示のデザインをしています。というのも、極端な話、トーハクでは「国宝阿修羅展」のような特別展には1日に1万や2万人ものお客さまをお迎えする一方で、総合文化展(平常展)の来館者は日に1000人台みたいなことも珍しくない。博物館としては総合文化展をもっと活性化させる必要があったので、2004年に本館日本美術の展示リニューアルを担当してデザインをガラリと変えました。

― 日本館のリニューアルデザインでは、平成18年度の「日本デザイン学会年間作品賞」を受賞されていますね。

木下
はい、おかげさまで。その後、特別展のデザインにも関わって、2011年から2013年にかけて東洋館の耐震改修工事と展示のリニューアルデザインを担当することに。それが終わったと思ったら、間髪を入れずにこの度の黒田記念館リニューアルプロジェクトが始まったという感じです。

― アクタスがトーハクの仕事をするようになったのはいつ頃ですか?

宮本
15、6年前(1999年10月オープンの考古展示室より)でしょうか。最初は展示に使うガラスケースをご提案することが多かったのですが、徐々に椅子やラックといったほかのインテリアも検討していただけるようになりました。

木下
日本のミュージアムやシアター、ギャラリーでは、空間をデザインする際、とかく展示作品にばかり目がいきがちなのです。その点、欧米の美術館などでは人が直接触れる部分である家具にものすごくこだわりがあって、作品よりも展示室に置かれている椅子のほうが有名、みたいなケースも少なくないのです。トーハクはそこをめざしたかった。アクタスさんなら、パブリックな場所とプライベートな場所のインテリアを両方扱っているでしょう? 僕、たまたま自宅でもアクタスさんで買った「アイラーセン」のソファや「ヤコブセン」のセブンチェアを使っていて、プライベートな製品のデザイン性や機能性にも絶対的な信頼があった。

宮本
ありがとうございます(笑)。

木下
だからというわけではないんだけど、そういった親しみのある家具も展示室や資料室に置いてみたいと、東洋館のリニューアルくらいから宮本さんに電話をしては「こんなインテリアありますか?」とご相談するようになりました。

宮本
東洋館のリニューアルでは木下さんと一緒に入口のカウンターをつくらせていただいたこともあり、木下さんが展示デザインをどのように捉えているか、どういった家具をお好みになるかといったことが少しずつわかるようになりました。ただ、木下さんはパブリックな空間における家具の役割を高く評価してくださっていますが、われわれとしては博物館は展示品を見せるための空間であることを忘れてはいけません。

― あくまでも主役は展示作品で、インテリアは脇役であると。

宮本
ええ。それを大前提に、木下さんをはじめトーハクさんの意向に沿った、控え目かつデザイン性と機能性に優れた家具をご提案するようにしています。

木下 史青
東京国立博物館

1965年、東京生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修了後、同大学美術学部デザイン科助手、(株)ライティング プランナーズ アソシエーツを経て、1998年より専属の展示デザイナーとして東京国立博物館に勤務。照明、配置、保存など展示に関するプロデュースを主な業務とし、「国宝 平等院展」「国宝 阿修羅展」をはじめとする特別展・総合文化展の展示デザインを手がける。2004年には東京国立博物館の本館リニューアルにおいて平常展示のリニューアルデザインを担当。平成18年度日本デザイン学会年間作品賞を受賞。著書に『博物館へ行こう』(岩波書店)、共著に『昭和初期の博物館建築』(東海大学出版会)がある。

宮本 紳
ACTUS営業

1959年、長崎県生まれ。慶応義塾大学ラグビー部出身。2007年1月、アクタスに入社。教育施設をはじめ、オフィス、リゾートホテル、飲食、教会などコントラクト案件を数多く手掛ける。インテリア業界歴20年強、日々新たな発見がある。

東京国立博物館 黒田記念館

住所:〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
開館時間:9:30~17:00 (入館は閉館の30分前まで)*時期により変動あり
入館料:一般620円、大学生410円 *黒田記念館は入館無料
お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
WEBサイト:http://www.tnm.jp/